社団法人 日本電気制御機器工業会

制御機器のポータルサイト

メーカー最新情報

IoT導入を阻む課題を解決、小型表示器で業界トップクラスの操作性と視認性を実現「GP4100シリーズ」カラーモデルを販売開始

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社

2016/03/14

株式会社デジタル(代表取締役:ジャンフランソワ・マソー)は小型プログラマブル表示器「GP4100シリーズ」にカラーモデルを追加し、2016年3月14日に発売します。従来のモノクロタイプより、さらに高機能、高解像度でパワーアップしたカラーモデルをラインアップに追加し、さらなる市場開拓を目指します。

IoT、グローバル化の時代、あらゆる情報が生産現場にあふれています。これらの情報を収集し、活用していくために、GP4100シリーズは製造現場のIoT導入に貢献します。GP4100シリーズは、大型装置で既に主流である、イーサネットによるネットワーク接続を4.3型という小型で実現します。小型装置での設置スペース確保や、導入コストの問題でIoT導入の足踏みをしていた製造現場でも、小型のGP4100シリーズを導入することで、そういったお悩みも軽減し、情報収集と活用をお手伝いします。さらに、市販のUSB機器にも接続可能なUSB Type Aを標準搭載しているので、バーコードリーダーやUSBメモリーなどの周辺機器とも接続ができ、各機器のデータをネットワークを経由して上位パソコンで収集できます。小型表示器に多い画面容量不足や、画面の見づらさによる操作ミスなどの問題も、従来比2倍の表示エリアと、8倍の解像度を備えたカラーモデルで解消し、業界No.1のドライバーサポート数を誇るPro-faceだからこそ提案できる、様々な機器との接続性で、生産現場のIoT導入に貢献していきます。