社団法人 日本電気制御機器工業会

メーカー最新情報

デジタルマルチユーザーKVMとして使用可能な4Kデジタルビデオ信号対応IP遠隔ユニット開発

富士通コンポーネント

2017/11/09
その他

当社では、11月09日に 「デジタルマルチユーザーKVMとして使用可能な4Kデジタルビデオ信号
対応IP遠隔ユニット開発」をリリースいたしました。
新製品情報として掲載のご検討いただければ幸いです。

製品概要
複数のキーボード、マウス、モニタ―(KVM)の延長・切り換えを行うためには、現在、アナログ
のマルチユーザーKVMが主流です。しかし、特に高解像度の映像を扱う放送局を中心にデジタル化、
さらに4Kへの早急な対応が求められています。FUJITSU Component SERVIS KVM ソリューション 
FX-8001シリーズは、アナログからデジタルKVMシステムへの置き換えに最適な4K対応デジタル
デバイスで、従来の「KVM」に加え、音声やUSB2.0も延長可能です。

FX-8001シリーズは、送信ユニット(LX)、受信ユニット(RX)およびマネージャーユニット(MX)
から構成され、10Gイーサネットスイッチ(10GBase-T)を利用し、IPネットワーク上でデジタル
マルチユーザーKVMシステムを構築することが可能です。ビデオ画像は4K UHD 60Hz4:4:4の高
解像度でリアルな画像を延長できます。送受信ユニットはそれぞれ任意の台数を接続可能で、
マネージャーユニットは1台で送受信機ペアリングの設定や接続情報、ユーザー情報の管理
を行います。

Copyright 2001 - 2017 NIPPON ELECTRIC CONTROL EQUIPMENT INDUSTRIES ASSOCIATION