社団法人 日本電気制御機器工業会

受講・受験者の声

  • リスクアセスメント活動は行っているが、ハード対策すべき内容もソフト対策、つまり保護具、作業手順で完了している傾向がある。今回の講習で学んだ、「機械はこわれる」「人は間違う」という根底からリスクアセスメント活動の見直しを行うべきと考えるようになった。
  • 今迄の安全研修から一歩踏み込んだ内容であった。現場管理者だけでなく作業リーダークラスにも対象にしたい。
  • 全体が非常に良く構成され良かった。機械安全によりこれまで教育に偏っていた安全活動が不要となりその工数を更に本質安全化に向けられるのが理想と感じた。
  • 安全方策の実際の作り方が理解できた。且つ、国際安全規格要求及び安全防護、本質設計の理念なども勉強になり、職場に応用すると大変役に立つと感じた。班長まで理解させれば、設備安全・人員安全にもっと役に立つと思う。
  • 機械安全が取り上げられた理由・重要性がはっきりわかった。それと事例で不注意の結果の説明もあり、人員安全意識の向上として役に立つ。
  • 本研修は安全管理(主にリスクアセスメント)について学ぶだけではなく同時に資格試験も受けることができ、価値ある研修で有った。

Copyright 2001 - 2018 NIPPON ELECTRIC CONTROL EQUIPMENT INDUSTRIES ASSOCIATION