社団法人 日本電気制御機器工業会

制御機器のポータルサイト

模倣品対策への取組み

    制御機器の模倣品に対する注意のお願い
      「ちょっと待て! それ模倣品じゃない?」


      〇近年、ブランド品や家電だけでなく、制御機器関連の製品などのいわゆるBtoB製品でも絶えず模倣品被害が報告されています。
      〇海外は日本以上にECサイトが普及していますが、ECサイトで販売されている制御機器にも模倣品が混在しているケースが見受けられます。
      〇模倣品の制御機器を使用することにより、リスクの生じる可能性があります。

      制御機器をご利用のお客様へ
      知らずに模倣品を使用してしまわないように、正規販売店等の信用できるルートから制御機器の購入をお願いします。
      模倣品と疑われる制御機器を発見されたときは、関連メーカーへのご連絡をお願いいたします。

      1. 現状

      NECA会員企業に対し、制御機器の模倣品被害がどれぐらい認識されているのかを調査するアンケートを随時行っています。 2016年のアンケートでは、回答した会員企業のうち半数以上が模倣品の被害を受けていると認識していることがわかりました。 また、このようなアンケート以外でも、絶えず制御機器関連の模倣品被害が報告されています。特に、BtoB製品は継続的取引となることが多いため、その影響が出ていると推測されます。
      また、模倣品の多くは中国で製造販売されているといわれており、中国では独自の模倣品販売チャンネルがあるとのことです。
      近年は、ECサイトの発達により、模倣品を発見した会社の6割超はインターネット上で模倣品を販売されています。(出典)2015年度模倣被害実態調査(特許庁)
      海外は日本以上にECサイトが普及しており、模倣品が混在しやすくなっています。制御機器の場合は多数の業者が間に入るなど商流が長く複雑になっています。そのため、業者がインターネットで購入することで、正規品と模倣品が混在するケースも多くなっています。 認証を取得していない製品にも、認証のマーキングがされている事例もあります。

      • 模倣流通形態
      • 模倣品の例
        模倣品は、より巧妙になっており、見た目では区別がつかない場合もでてきています。

      • (写真提供:IDEC株式会社)
        真正品

        真正品

          侵害品

        模倣品(2016年摘発)



        2. 模倣品を使用することのリスク

        模倣品は認証を取得しておらず、安全性や信頼性に問題がある可能性が高いと考えられます。そのため、模倣品だとわからずに模倣品を使用した場合、エンドユーザーの安全が保障されないおそれが出てきてしまいます。
        NECA 会員企業が扱う製品はいわゆる制御機器であり、顧客が製造する設備機械などの製品に搭載されてエンドユーザーに提供される形態が主です。しかし、制御機器の安全性や信頼性が保証されないと、制御機器を搭載する設備機械にも悪影響を与え、設備機器の故障、設備機器の異常停止や、緊急時に停止させたい設備機器を停止させることができない事態に至る可能性が出てきてしまします。最悪の場合には、設備機械に使用されている模倣品に起因した事故を引き起こす可能性もあります。
        このように、模倣品が使用されることにより、制御機器の顧客や設備機械などのエンドユーザーが負う様々な問題やリスクが増える可能性が高くなってしまいます。制御機器を製造・販売する立場から、このようなリスクが生じないように、顧客・エンドユーザーの安全保護のために模倣品対策を行っている企業も多く存在しています。


        3. 参考サイト

      • JETRO(日本貿易振興機構) 模倣品・海賊版被害相談窓口
      • 特許庁 模倣品対策


      • 4. NECAとしての模倣品対策

        NECAでは模倣品対策研究会を設置して、制御機器の模倣品対策として下記のような取組を実施しています。
        NECA会員に向けて、「模倣品対策ガイドライン」を2012年4月に、「模倣品対策ガイドライン副読本」を2016年1月に発行しました。模倣品対策の進め方、当研究会に参加している各社での模倣品対策事例の紹介、ノウハウや経験に基づくアドバイスなどを掲載しています。2019年には、ECサイト事例等を新たに追記して「模倣品対策ガイドライン」を現状に合わせて改訂しました。
        また、「模倣対策セミナー」を年1回開催しています。経済産業省や模倣品調査会社のご協力のもと、模倣品の対策事例などを紹介しています。 さらに、他業種の会社や団体との交流により模倣品対策に関する情報交換をし、当研究会での検討の参考にしています。 これらの活動の成果が認められ、2018年度NECA委員会功績表彰をいただきました。

      • 2016年に中国での現地調査を実施しました。中国楽清市電器市場の露店にてCCC認証マークを模したシールが販売されていました。
        模倣シール
      • 模倣品対策ガイドライン(会員限定)(8KB)
        発行日 2012年4月1日
        経済のグローバル化および技術革新が進む中、模倣品対策の重要性が非常に高まってきている。これらの事実を受け、NECAとして、企業の方々が活用できる「模倣品対策 ガイドライン」を作成し、2019年に改正を行った。

      • 制御機器の模倣対策セミナー
        開催日 2019年11月29日

      • NECA 模倣対策セミナー~最新の模倣情報・事例紹介~(170KB)
        開催日 2018年6月27日

      • NECA 模倣対策セミナー~制御機器の模倣実態最新事情~(170KB)
        開催日 2017年2月24日

      • 制御機器の模倣品対策セミナー(268KB)
        開催日 2016年2月9日

      • 制御機器の模倣品対策事例セミナー(314KB)
        開催日 2015年1月19日

      • 産業機器における模倣品被害の実態と対応策セミナー
        開催日 2013年7月4日

      • EUIJ関西/EUSI/EUIJ九州との共催シンポジウム
        開催日 2012年2月7日・9日
        テーマ 模倣品問題解決に向けての日欧戦略的共同