社団法人 日本電気制御機器工業会

安全・セキュリティへの取組み

安全
第4次産業革命の進展および技術の進化に伴い、人とロボットが協働する新たな生産システムの導入が拡大する中、人・モノ・環境を情報で繋ぎ、各々が協調して高次元の安全および高い生産性を実現する「Safety2.0」に適合した次世代安全システムの開発や、従来から取組んでいる「セーフティアセッサ/セーフティベーシックアセッサ資格制度(以下SA資格制度)」のグローバル展開・国際標準化を推進することで、安全制御機器市場の拡大、安全啓発・人材育成を図り、世界のものづくり安全に貢献します。

セキュリティ
近年のオープン化やネットワーク化の流れの中で、制御システムを対象としたサイバー攻撃が増加しています。
そのため、制御システムのセキュリティ確保に向けた、標準化への取組み、情報収集と啓発活動を実施しています。

NECAは、人と機械とシステムの調和における安全確保を追及し、常に最先端の安全技術に関する調査研究とユーザニーズの把握に努め、国内外の関連機関との連携を図っています。

日本の制御安全技術を国際規格に提案

産業オートメーションシステムの安全に関する
国際会議に参加

日経フォーラムや安全講演会で
安全啓発

明治大学 向殿名誉教授

Copyright 2001 - 2018 NIPPON ELECTRIC CONTROL EQUIPMENT INDUSTRIES ASSOCIATION