社団法人 日本電気制御機器工業会

国内外の動向

IEC/TC94プレナリー会議を日本(NECA)で開催

IEC/TC94のプレナリー会議、改定作業部会であるMT 3(リレーの一般要求事項、信頼性、試験及び検査の手順)及びMT 6(リードスイッチの一般要求事項、品質評価及び試験方法の手順) が、Pメンバー6ヵ国から19名(IEC中央事務局1、独国2、墺国2、英国1、伊国1、中国4、幹事国日本8)の参加にて、NECAで開催された。

IEC/SC23Jサンノゼ会議に参加

米国San Joseにて開催された“機器用スイッチ”の国際標準化会議の改訂作業部会MT1-MT2-JWG6にSC23J国内委員会から3名参加した。

IEC/TC94フランクフルト会議に参加

Frankfurt(ドイツ)で開催されたIEC/TC94/MT3&MT6会議にTC94国内委員会から4名を派遣し、MT3会議:一般継電器の信頼性、B10値の検証の改定原案及び日本から提案した直流高電圧リレーの安全要求仕様の原案審議、MT6会議:日本から提案したリードスイッチの安全適用事例の技術報告書審議を行った。

IEC/TC94ウィーン会議に参加

ウィーン(オーストリア)で開催されたIEC/TC94の改定作業部会であるMT3(リレーの一般要求事項、信頼性、試験及び検査の手順)及びMT6(リードスイッチの一般要求事項、品質評価及び試験方法の手順)に、TC94国内委員会から3名を派遣した。

IEC/TC94ミラノ会議に参加

ミラノ(イタリア)で開催されたIEC/TC94のPlenary会議、改定作業部会であるMT3(リレーの一般要求事項、信頼性、試験及び検査の手順)及びMT6(リードスイッチの一般要求事項、品質評価及び試験方法の手順)に、TC94国内委員会から3名を派遣した。

IEC/TC94アメリカ会議に参加

UL TRP, NC州で開催されたTC94 Plenary会議、UL 508規格の改定に伴うIHC 61810-1会議(ANCI及びIEC/TC94委員の合同会議)、TC94の改訂作業部会であるMT 6(リードスイッチの一般要求事項、品質保証仕様)及びMT3(リレーの一般要求事項、信頼性、試験及び検査の手順)に、 TC94国内委員会から4名派遣した。

IEC/SC23Jオスロ会議に参加

ノルウェーのオスロで開催された機器用スイッチのIEC規格の検討を行っているIEC/SC23Jの国際会議(総会・MT1・MT2)に日本から4名参加した。

IEC/TC94プリナリー会議を日本(福岡)で開催

福岡国際会議場でTC94福岡プリナリー会議、TC94の改訂作業部会であるMT 6(リードスイッチの一般要求事項、品質保証仕様)及びMT3(リレーの一般要求事項、信頼性、試験及び検査の手順)を開催し、Pメンバー6ヶ国から17名が参加した。

EUIJ関西/EUSI東京との共催シンポジウム

2011年2月7日・9日、大阪(大阪大学中之島センター)・東京(慶応義塾大学 三田キャンパス)で国際標準化シンポジウムが開催された。

フランクフルト会議レポート

一昨年のウィーン会議に続いて、 2009年5月5~8日にIEC/TC94フランクフルト会議「オール オア ナッシング リレーの国際標準化会議」が開かれた。

PJ5 ドイツ訪問

2008年10月27日~10月28日、11月24日~11月27日、本標準化は制御機器の流通、オペレーション、改造、廃棄までのライフサイクルにわたる個々の機器管理を可能とする技術を対象としています。今回、ドイツを訪問し、標準化機関および有識者との交流を実施しました。

IEC/TC44、IEC/TC65の議長など標準化エキスパートが来日

2008年5月16日(金)、NECA会議室にIEC/TC65議長Roland Heidel氏、および他の標準化エキスパートを招き、技術交流会が行われた。

IEC/SC23Jフランクフルト会議報告

MT2で担当する規格IEC 61020-1(電子機器用スイッチ-第一部-一般要求事項)は、日本がコンベナーとなって改正審議が行われています。通常、SC23J総会やMT1会議との同時開催を原則としていましたが、開催を急ぐ必要があり、今回は単独開催となりました。

IEC/TC44、IEC/TC65の議長など標準化エキスパートと会談

2007年11月27日(火)~30日(金)、IEC/TC44、IEC/TC65の議長および他の標準化エキスパートに対して「産業オートメーションにおける制御機器管理統合システムに関する標準化」の研究開発事業に関する意見交換を行いアドバイスを求めた。

産業オートメーションの安全に関する国際会議SIAS2007を開催

2007年11月12日(月)~13日(火)、明治大学アカデミーコモンにおいて、当工業会並びに関連五団体が主催した「SIAS 2007」が日本で初めて開催されました。

IEC/TC94国際標準化会議に出席

リレーの国際標準化会議が2007年5月10~15日、ウイーンのタイコエレクトロニクスオーストリア(株)の会議室で開催された。

IECの関連チェアマンおよびエキスパートとの意見交換

2006年11月26日~12月3日、日本からIEC・ISO等の国際規格を提案する目的で推進している基準認証研究開発事業のワーキンググループの標準化状況について、IECの関連チェアマンおよびエキスパートとの意見交換を行った。

IEC/ACOS WORKSHOPⅧ 北京およびACOS委員会に参加

IEC規格における安全技術をTC/SCに横断的に討議しているACOS(Advisory Committee on Safety)委員会に参加し、NECAが推進しているセーフティアセッサ制度を提案して、国際規格化に向けた意見交換を行った。

IEC/ACOS議長フリードリッヒ・ハーレス氏と情報交換

NECA標準化ステアリングコミッティ、技術委員会、制御安全委員会メンバーによるIEC/TC44およびACOSの議長であるハーレス氏との情報交換を目的としたミーティングを行いました。

IEC17B/WG3 Device Profile Task Force会議に参加

2008年10月27日~10月28日、11月24日~11月27日、本標準化は制御機器の流通、オペレーション、改造、廃棄までのライフサイクルにわたる個々の機器管理を可能とする技術を対象としています。今回、ドイツを訪問し、標準化機関および有識者との交流を実施しました。

英国工業会GAMBICAのPeter Still氏と技術交流会を開催

IEC等にて標準化活動をしておられる英国工業会GAMBICAのPeter Still氏がIEC/TC44の国際会議で来日するのに合わせて、技術委員会との技術交流会を開催しました。

IEC/TCエキスパートとのうち合わせ

IEC/TC65エキスパートに対し基準認証各グループの活動内容を紹介し、それぞれの課題に対するアドバイスを頂くことができ、今後の方向性を確認する上で有意義な会合となりました。

ドイツ電気電子製造業協会ZVEIとのうち合わせ

今後の国際標準化活動にあたり、ZVEIの技術関連委員会活動を調査し、国際連携関係の構築と協業を探る目的でZVEIメンバーと会合を行いました。

IECエキスパートと技術交流会を開催

NECA制御安全委員会の取り組みテーマの方向性とIEC規格の動向について、IEC/TC44及びACOSの議長であるHarless氏をはじめとするIECのエキスパートと発展的な意見交換ができました。

産業オートメーションの安全に関する国際会議(SIAS2005)に参加

2008年10月27日~10月28日、11月24日~11月27日、本標準化は制御機器の流通、オペレーション、改造、廃棄までのライフサイクルにわたる個々の機器管理を可能とする技術を対象としています。今回、ドイツを訪問し、標準化機関および有識者との交流を実施しました。

IEC/TC65議長との技術交流会を開催

三田NNホールに、IEC/TC65議長のRoland Heidel氏を招き、基準認証研究開発事業の研究を進める各WGの取り組み内容と課題について、貴重なアドバイスを頂きました。

IEC/TC94国際会議に出席

スイスで開催されたIEC/TC94国際会議に出席し、パワーリードスイッチのNP 提案が承認されました。

IEC/SC17B/WG3米国会議に出席

日本からのNP規格文書案に対する第一回目の審議が開始され、各国メンバーの積極的な討議により規格文章案が検討されました。

IEC/ACOS会議に出席

NECA制御安全委員会から7名がIEC/ACOS(Advisory Committee on Safety)会議に出席しました。IEC/TC44議長のHalress氏やIEC/TC94議長のAntonitsch氏をはじめとする各国の国際規格や認証の専門家と有意義に意見交換を行い、NECAがこれまで行ってきたMETI基準認証研究開発事業の取組みと成果に対して高い評価を頂きました。

IECのチェアマンと意見交換の実施(33KB)

基準認証研究開発事業WG2Aメンバーの代表がニュルンベルグにて、IECの関連チェアマン(TC44、TC65)と「安全関連フィールドバスによる安全確保構築のためのガイドライン」に対して意見交換を実施しました。

IEC/SC17B/WG3会議へ出席

チェコのプラハで開催されたIEC/SC17B-WG3へNECA代表者が出席しました。IEC規格化テーマとして推奨された基準認証研究開発事業関連2テーマについて今後の進め方の説明および確認作業、WG3委員会審議事項への参画を実施しました。

IEC/TC17国際委員会へ出席

アメリカのワイオミングで開催されたIEC/SC17B-WG3にNECA代表として3名が出席を行い、NECAが基準認証研究開発助成事業の中で研究を進めている安全技術の標準化テーマについて発表を行った。結果、発表を行った内の2テーマを日本からの提案テーマとしてIEC規格に正式に提案を行うこととなった。

Copyright 2001 - 2017 NIPPON ELECTRIC CONTROL EQUIPMENT INDUSTRIES ASSOCIATION