社団法人 日本電気制御機器工業会

セーフティアセッサ資格認証制度のご紹介

グローバル競争時代に日本企業が勝ち抜く上で、国際的に通用する安全設計が装置メーカ・製造業に求められています。 つまり従来の日本型の「人と教育に依存した安全」から欧州型の「技術と設計による安全」が重要な時代になりました。 2006年4月の改正労働安全衛生法により、リスクアセスメントを実践する安全技術者の育成が急務です。 NECAは安全技術者育成のためセーフティアセッサ認証制度を推進しています。

セーフティリードアセッサ(SLA) 37名、セーフティアセッサ(SA) 596名、セーフティサブアセッサ(SSA) 2,848名の合計3,481名(2014年4月1日現在)の方がセーフティアセッサとして活躍されています。

Copyright 2001 - 2017 NIPPON ELECTRIC CONTROL EQUIPMENT INDUSTRIES ASSOCIATION