社団法人 日本電気制御機器工業会

FAQ

1. SSA、SA、SLAの違いを教えて
セーフティアセッサ制度には次の3種の区分があります。
  • ・セーフティサブアセッサ(略称 SSA)
  • ・セーフティアセッサ(略称 SA)
  • ・セーフティリードアセッサ(略称 SLA)
これは、NECA規格(NECA 0901:2007セーフティアセッサ資格認証基準)により定められています。
それぞれに次のような能力が要求されています。
・SSA
安全性の妥当性確認に必要とされる基礎知識、能力を有している方対象です。リスクアセスメント全般の知識を有し、リスク評価において能力を発揮します。
・SA
セーフティサブアセッサの持つ基礎知識、能力に加え、安全性の妥当性判断の総合力を有します。サブアセッサの指揮監督を行い、リスクアセスメントの結果を当事者に報告し、必要であれば経営資源投入のアドバイスを行ないます。
・SLA
第三者評価ができます。セーフティアセッサの持つ安全性の妥当性判断能力に加え、第三者として安全性の妥当性判断の総合力を有します。
2. 受験資格は(SLAへいきなり挑戦できますか?)
挑戦できません。SLAは、SA認証者で1年以上の実務経験者である事が受験資格で求められます。
3. SAを取得したらどんなメリットがありますか。
2006年4月に施行された改正労働安全衛生法には「第28条の2:危険性・有害性等の調査及び必要な措置の実施」としてリスクアセスメントの実施と安全対策に関する指針が出されています。グローバル競争時代を勝ち抜く日本の製造業には機械装置などの生産システムにおける安全の妥当性確認を行える人材、つまり「セーフティアセッサ」が必要です。
たとえば、以下の場面でSAは活躍できます。
  • (1)事故、災害発生後の安全方策の妥当性を判断できる
  • (2)海外へ自社装置・製造システムを輸出しなければならないが、国際安全規格に基づく設計に対応できる。
  • (3)第三者機関に指摘された改善事項に、対応しやすい。
  • (5)新人設計者への安全に関する技術伝承のために教育カリキュラムを活用できる。
  • (6)労働安全マネジメントシステム導入の素地ができる。
  • (7)機械安全の知識を社内外に広めることができる。
  • (9)改正労働安全衛生法でリスクアセスメントを要求されているので、その対応が容易にできる。
また、SAのいる企業は安全を通じたイメージのアップを図れます。
4. いつ試験があるの?
試験日情報については、日本認証(株)の試験日程ページをご確認下さい。
5. 受験費用はいくら?
SSA・SAの受験費用は21,000円(税込)、
SLA受験費用はセーフティリードアセッサ講習+試験費用で210,000円(税込)です。
6. 講習会は実施されているの?
安全技術応用研究会で実施されています。
講習会の詳細は、安全技術応用研究会へお問い合わせください(TEL 03-5769-0775)
7. 安応研の研修を受けないとSA、SLAの受験はできないのですか。
SSAは、安全技術応用研究会の講習会を受けなくても受験可能です。安全技術応用研究会の指定講習会を受けると試験の一部が免除されます。
SA受験資格において、安全技術応用研究会の全12講習の受講が条件に含まれます。ただし、SSA資格認証者は基礎講習(6講習)を受講したこととみなされますので、指定6講習(基礎以外)の受講が条件に含まれることになります。
この段階を踏まえてSA資格を取得され、かつSAとして1年以上の実務経験者の方がSLAの受験資格を得る事ができます。
8. 誰が認証するの?
第三者機関のセーフティアセッサ認証委員会が認証いたします。
9. どのような試験なの?
SSAは学科試験とケーススタディ試験を実施します。学科試験は、安応研の基礎6講習を受講された場合は免除されます。
SAは口述試験を実施します。
SLAは3日間の講習と、筆記試験を実施します。
10. コンタクト先は?
日本認証(株)までお問い合わせ下さい。
ホームページ:http://www.japan-certification.com/
TEL:06-4807-3337
尚、安応研の講習のスケジュール及び受講料金に関しましては、安全技術応用研究会へお問い合わせ下さい。
11. 何を勉強すればよいの?
セーフティアセッサの知識は、下記講習の取得度を認証します。
  • 安全構築基礎
  • 機械安全
  • 電気・制御安全技術
  • 生産現場における活動事例
  • 安全コンポーネント
  • リスクアセスメント実践技術
  • アセッサ資格取得の為の審査試験
上記の中の基礎6講座を安全技術応用研究会の講習で受講された方は、受講後2年間、SSAの学科試験が免除されます。独習される方にはテキストを販売します。(セットで税込20,000円)
12. サーベイランスと更新制度について教えて?
SA認証者の方には、毎年過去1年間の活動内容の自己申告(サーベイランス、指定様式あり)をして頂く必要があります。サーベイランスでは以下の確認が行なわれます。
  • ・関連業務に1年以上の大幅な中断がないこと。
  • ・知識や情報の活性化ができていること。
  • ・安全技術の普及促進への貢献。
SSA・SA・SLAの資格は2年間有効で、2年毎の更新手続きが必要ですが、更新には上記のサーベイランス提出が条件となります。
また、サーベイランスは過去1年の活動内容の申告ですので、たとえばサブアセッサ認証者で1年間活動後にアセッサ試験に合格された方でも、サブアセッサの自己申告書の提出が必要です。

Copyright 2001 - 2017 NIPPON ELECTRIC CONTROL EQUIPMENT INDUSTRIES ASSOCIATION